デザインデータの制作について

激安専門店である当社では、どんなオリジナルデザインやどんなオーダーでも快く承り精巧に仕上げておりますが、ここでは、スウェットやパーカーにプリント印刷するための、デザインデータの製作方法についてご説明させて頂きます。

オリジナルデザインを作成する際の参考までに、ご覧頂ければと思います。

当社で受付可能なデータ形式と色指定について

スウェットのオリジナルデザインのご入稿は、当社では以下のデータ形式にて受け付けております。ただし、IllustratorのAIデータとPhotoshopのEPSデータ以外でのご入稿は、別途でデザイン変換料が発生致しますので予めご了承下さい。

  • 手書き
    当店ではラフ書きデザイン入稿も可能です!
  • イラストレーター
    入稿可能なバージョンはCS6以下となります
  • フォトショップ
    入稿可能なバージョンはCS6以下となります
  • オフィスソフト
    Word,Exel,PowerPointで入稿可能(2013以下)
  • 色指定について
    正確な色指定をご希望の方はこちら
  • スウェットのデザインを手書きで入稿する場合

    スウェットのオリジナルデザインを手書きで作成された場合、ご入稿はFAXか、もしくはそれを写した画像データをメール添付にてお送り下さい。また正確な色指定を希望される際はメニューの『色指定について』をご参考下さい。

    • ①手書き

      手書きでデザイン制作を行う場合、上図のようにサイズ感やフォントの指定なども出来るだけ分かり易く仕上げて頂けると、スムーズなやり取りが可能になります。

    • ②データ変換
      担当スタッフによる校正後、データ変換したオリジナルデザインを一度お客様のほうでもご確認頂き、ご納得頂けましたら、スウェットの特注製作を開始致します。
    • ③完成
  • イラストレーターデータで入稿

    スウェットやパーカーのデザインデータを入稿される際、当社ではIllustratorによるAIデータを推奨させて頂いております。このデータですとデザイン変換料なども発生しませんのでソフトをお持ちの場合には是非ご活用頂ければと思います。

    イラストレーターを使用する上での注意点
    • カラーモードはCMYK
    • 書体は全てアウトライン化
    • 写真画像は全てリンク配置
    • 塗り足しは必須
    • カラーモードはCMYKでお願い致します

      IllustratorのカラーモードはCMYKとRGBがございますが、スウェットやパーカーのデザイン入稿の際にはCMYK形式でご入稿下さるようお願い致します。

      RGB形式ですと若干、色味が違ってきてしまいますので、デザイン作成前に一度設定をご確認ください。

      ポイント
      バージョンによって若干の違いはございますが、Illustrator上におけるカラーモードの変更方法は以下の通りになりますので、ご参考下さい。
      【ファイル】→【ドキュメントのカラーモード】→【CMYKカラー】
    • 書体は全てアウトライン化して下さい

      パーカーやスウェットにプリント印刷するオリジナルデザインに文字を使用した場合、その全てをアウトライン化してからご入稿下さい。

      これを怠ってしまいますと、当社でデータ開いた際に、いわゆる文字化けを起こしてしまう可能性がございますので、ご注意頂ければと思います。

      ポイント
      書体をアウトライン化する方法は、こちらもバージョンによって若干の違いはございますが、基本的には使用している文字を全て選択した状態で、以下の通りになります。【書体】→【アウトラインを作成】
    • 写真画像は全てリンク配置でお願いします

      スウェットのオリジナルデザインに画像を配置する場合埋め込み配置ではなくリンク配置でお願い致します。【ファイル】から【配置】を選択し、ダイアログボックスで【リンク】にチェックを入れて下さい。

      そしてご入稿の際は、AIデータと共に画像データも忘れずにお送り下さい。

    • 塗り足し部分は必ずつけて下さい

      パーカーなどにプリントしたいサイズと全くの同一サイズでデザインを作成してしまいますと、印刷した際に周囲に白い余白が出来てしまう恐れがあります。

      そのためオリジナルデザインは、上下左右共に3mmほど大きく製作して頂けるとイメージ通りに仕上げることが可能です。これを塗り足しと言います。

  • フォトショップデータで入稿

    当社では、フォトショップで書き出すことができるEPS形式でもパーカーやスウェットのオリジナルデザインのご入稿を受け付けておりますが、いくつかお客様にお願いしたい注意点がございます。参考までに以下をご覧下さい。

    フォトショップを使用する上での注意点
    • カラーモードはCMYK
    • 書体は全てラスタライズ
    • 画像解像度は300DPI以上
    • 塗り足しは必須
    • カラーモードはCMYKでお願い致します

      Illustratorと同様、スウェットのオリジナルデザインをPhotoshopで製作された場合も、やはりカラーモードはCMYKでお願い致します。モニター上の色の表現はRGB、印刷物はCMYKと覚えておくと分かり易いかと思います。

      ポイント
      Photoshopにおけるオリジナルデザインのカラーモードの変更方法は以下のとおりになります。
      【イメージ】→【モード】→【CMYKモード】
    • 書体は全てラスタライズ化して下さい

      スウェットやパーカーのオリジナルデザインに文字を使用した場合、それが日本語であれその他の英語などであれ、その全てをラスタライズ化してからご入稿下さると、文字化けなどを起こす恐れも無くなりますので、お手数ではあ りますが、宜しくお願い致します。

      ポイント
      オリジナルデザインに使用した文字をラスタライズ化する設定方法は、以下のとおりです。
      【レイヤー】→【ラスタライズ】→【テキスト】
    • 画像解像度は300DPI以上

      Photoshopでスウェットのオリジナルデザインを制作する場合、画像解像度は300dpi以上でお願い致します。

      これ以下ですと、スウェットやパーカーの生地にプリントした際に、そのデザインが荒くなってしまったり、ぼやけた仕上がりになってしまう恐れがございますのでご注意下さい。

      ポイント
      Photoshop上におけるオリジナルデザインの画像解像度の変更方法は、以下のとおりになります。
      【イメージ】→【画像解像度】→【ドキュメントサイズの解像度】
    • 塗り足し部分は必ずつけて下さい

      塗り足しとは、本来のサイズよりも上下左右に3mmほど大きくデザインをはみ出させることを言いますが、これがないと、トレーナーなどにプリント印刷した際にデザインの周囲に白い余白が出来てしまう恐れがありますので、ご注意頂ければと思います。

  • オフィス系ソフトのデータで入稿

    スウェットのオーダーメイド専門店である当社では、WordやExcel等のオフィス系ソフトで作成されたオリジナルデザインのデータでもご入稿を受け付けており、精巧にお仕上げさせて頂きますのでお気軽にお申し付け下さい。

    フォトショップを使用する上での注意点
    データ変換料について

    基本的に当社では、Illustratorで書き出せるAIデータもしくはPhotoshopで書き出せるEPSデータ以外のデザインデータの場合、印刷機にかける都合上デザイン変換料を頂いておりますので、予めご了承頂ければと思います。

  • 厳密な色指定について

    一般的に、モニター上で見る色と実際にプリント印刷された色では若干、色味に違いが出ると言われています。
    そのため厳密な色指定をご希望される場合にはPhotoshopやIllustrator内にございますカラーブックではなく、お客様のお手元にございます生地の切れ端などを色見本として当社までお送り頂ください。
    また、もしくはDICやPANTONEといったカラーガイドの番号をご指定頂ければ、それを元に限りなく近い色でオリジナルスウェットやパーカーをお仕上げ致します。

    色指定について

アイテム特性別一覧

商品アイテムから探す
商品アイテムから探す

メールフォームはこちらからです。お急ぎの方はフリーダイヤルの0120-17-5151までおかけくださいませ。

ページトップへ

3大特典

当社の強み

追加注文の注意事項

WEBカタログ一覧

初めてガイド
スウェットの製作、見積り依頼の流れ
デザインデータの
制作について
プリント印刷の
位置について
プリント方法
について
デザインサポート
アパレル関連商品
  • 学園祭・チーム用Tシャツも作れます!!
  • イベント・防寒用ジャンパーも作れます!!
ご利用ガイド
会社概要
お役立ち情報