スウェットについた染みを取る

格安トレーナーやパーカーなどのスウェット衣類は基本的には普段着として利用されることが多いと思います。しかし折角、オリジナルデザインを美しくプリント印刷し特注製作したものに、コーヒーや口紅などの汚れ目が付いてしまい着られなくなってしまったら悲しいものがあります。

オリジナルスウェットの制作は、現代では当店のようにネット通販でも簡単にオーダーすることが可能になりましたし、またその費用も激安価格ではありますが、それでも汚れ目さえ無ければまだ着られるのに、と思うものもあると思います。

そこでここでは、そんなスウェットに付いてしまった汚れ目の取り方について、ご紹介してみたいと思います。

水溶性の汚れ目

水溶性とはその名の通り、水に溶ける物質のことを言いますが、パーカーやトレーナーやスウェットパンツなどに水溶性物質というと、しょうゆやコーヒーやジュース類などが代表的になります。これらは付着してすぐでしたら水で洗い流すだけでも落とせる場合がございます。しかし気付かずに時間が経過してしまった場合などはまず、スーパーなどでも安い価格で販売されている中性洗剤(台所洗剤がベストです。アルカリ洗剤ですとオリジナル作成されプリント印刷されたデザインの色まで落としてしまう場合がございますのでご注意下さい)を汚れた部分に直接付け、手で揉みほぐし、水で洗い流して下さい。汚れ目の程度にもよりますが、これを何度か繰り返すことで染み抜きはできると思いますが、それでも落ちない場合には酸素系漂白剤をご利用下さい。

油性の汚れ目

スウェット類に付着する油性の汚れ目で多いのはチョコレートや口紅や機械油などになります。これらの場合はまず、ベンジンを古くなった歯ブラシなどに付け、染みが付いてしまった箇所を優しく叩いて落として下さい。ご家庭にベンジンがない場合にはクレンジングオイルに台所洗剤を混ぜて代用できます。そして水で洗い流して確認して下さい。この方法でも落ちない場合には皿に台所用洗剤を直接つけて手で揉みほぐしましょう。

不溶性の汚れ目

不溶性とは、簡単に言えば上記のように水にも油にも溶けない物質のことで、一般的には泥や墨汁がそれに当たります。これらはスウェットに付着してすぐに固形石鹸や台所洗剤をその箇所に付けて揉みほぐすことで落とせる場合がありますが、染みが乾ききってしまうと、ご家庭で落とすことは非常に困難になりますので、そういった場合にはプロのクリーニング店などに持っていき、ご相談されることをおすすめします。

ページトップへ

3大特典

当社の強み

追加注文の注意事項

WEBカタログ一覧

初めてガイド
スウェットの製作、見積り依頼の流れ
デザインデータの
制作について
プリント印刷の
位置について
プリント方法
について
デザインサポート
アパレル関連商品
  • 学園祭・チーム用Tシャツも作れます!!
  • イベント・防寒用ジャンパーも作れます!!
ご利用ガイド
会社概要
お役立ち情報