スウェットを素早く乾かす方法

朝ほしたのに、夕方になってもまだどこか湿っぽい・・・。と言う様な事に陥り易いのが当店でも格安で作成して頂けるスウェット。

耐久性、防寒性を分厚い生地が請け負っている為に、洗濯時に吸い取った水分が多量に残っている事が大きな原因の様です。

また、スウェットパーカーの場合には、フード部分が本体と接触している事でより一層乾きづらかったりもするかと思います。

この様に乾きづらいスウェットを素早く乾かす方法を御紹介いたします。

乾燥機を使う

乾燥機で乾かせばいいのでは?と言うお客様も居るかと思いますが、熱を加えながらグルグルと回す為もあって、「型崩れ」や「生地の伸び縮み」「プリントの剥がれ」などなどの原因になってしまう事もしばしば。

出来るのであれば自然乾かしてあげた方が良いかと思います。ただし、洗濯後の脱水は「多め」もしくは、「2回分」行った方が乾きやすくなります。(ネットに入れて行った方が印刷した部分への負担を減らす事が出来るのではないかと思います)

頻繁に活用するパーカーを簡単に乾かす

パーカーと言われる物は、比較的ファッショナブルに着こなす事が出来る若者服ではないかと思います。その為か、ご注文されるお客様が非常に多く、デイリーで使用する衣服にオリジナルのスウェットを激安で追加していると言う事も有る様でございまして、その様な場合には洗濯回数が増えやすい物。

そこで、簡単なほし方を紹介させて頂きたいと思います。

まずはハンガーにいつも通りに掛けます。後はもう一つハンガーを用意してパーカー部分を掛けるだけ。持ち上げる事でパーカーと本体が接触してしまいがちな部分に空間を設ける事が出来ます。

スウェットを少しでも早く乾かす

乾かし方は、実は沢山有るかと思います。なぜならスウェットを乾かすポイントは「生地が重なら無い様にする事」でございますので、工夫次第で色々と出来ます。

例えば、物ほし竿に製作したスウェットの上下を反対にして、裾部分をピンチで留める事で「バンザイ」したような恰好にする方法。これだけで袖と身頃の接触を抑える事が出来ます。

また、2本のハンガーを使って乾かしたパーカーだって、実は角ハンガーを使って上に記載したような形でほし、フードや袖を持ち上げる様に挟んであげれば、上で紹介した方法よりも乾き易かったりします。

加えて、スウェットパンツを制作されたお客様は、裏返しにしてポケットが外に出ている状態で乾かすと、ポケットだけ乾いていなかった!と言った良くある現象を抑える事が出来るかと思います。

ページトップへ

3大特典

当社の強み

追加注文の注意事項

WEBカタログ一覧

初めてガイド
スウェットの製作、見積り依頼の流れ
デザインデータの
制作について
プリント印刷の
位置について
プリント方法
について
デザインサポート
アパレル関連商品
  • 学園祭・チーム用Tシャツも作れます!!
  • イベント・防寒用ジャンパーも作れます!!
ご利用ガイド
会社概要
お役立ち情報