縮みと色褪せを防止する洗い方

スポーツのトレーニングウェアや、ルームウェアとしても活躍する特注の激安プリント製作スウェット。

吸湿性に優れ、春夏涼しく・秋冬暖かな着心地から年間を通して愛用している方も多くいらっしゃいます。毎日着ていたい快適なカジュアル印刷ウェアだからこそ、自ずとその洗う頻度も増えるのではないでしょうか。

オーダー制作スウェットは格安で作成出来るわりに、かなり高いコストパフォーマンスを発揮します。繰り返し洗っても耐えうる丈夫さと形態安定性を兼ね備えていますが、それでも日頃のダメージは積み重なっていくもの。出来れば日々のケアに気を付けて長持ちさせてあげて下さい。こちらでは、オリジナルスウェットの劣化や色褪せを防止する洗い方をご紹介します。

洗う前のチェックポイント

オリジナルスウェットを洗う前に、家庭用洗濯機で洗えるかどうか必ず絵表示をチェックしておきましょう。

【洗濯機マーク・手洗いマーク】が付いて入ればご家庭で洗えます。

水洗い不可・ドライマーク】の場合は、素材や色落ちに関する注意事項をよく読んでから洗うようにしましょう。綿・ポリエステル素材以外の特注オリジナルスウェットはクリーニング店へ相談される事をお勧め致します。

用意するもの
  • 洗濯ネット

    スウェットをたたんで十分に入るサイズのものを使います。

  • 洗濯洗剤

    オリジナルスウェットに「中性」の標示がある場合は、お洒落着用洗剤を使用して下さい。

  • 柔軟剤

    柔軟剤は、スウェットの裏毛・裏起毛のふんわりとした肌触りを再現する他、香りが長続きして汗の臭いや煙草の臭いなどの付着を抑える効果があります。

ネットに入れる

スウェットを裏返した後、丸めるようにふんわりとたたんでネットに入れます。

これで水流による摩擦から衣類を守る事が出来ます。特に綿素材で仕立てられている場合は、劣化し易いので優しく洗うことが大切です。

洗濯機に入れる

水を張る前にスウェットを入れたネットごと洗濯機に入れましょう。水を張ってからだとネットが浮いてしまい万遍なく洗うことが出来ません。

弱水流で洗う

出来るだけ優しい水流で洗った方がちぢみにくくなります。弱水流もしくは手洗いコースで洗いましょう。

ハンガーにかけて干す

乾燥機は使用せず、日陰で自然乾燥させます。

ページトップへ

3大特典

当社の強み

追加注文の注意事項

WEBカタログ一覧

初めてガイド
スウェットの製作、見積り依頼の流れ
デザインデータの
制作について
プリント印刷の
位置について
プリント方法
について
デザインサポート
アパレル関連商品
  • 学園祭・チーム用Tシャツも作れます!!
  • イベント・防寒用ジャンパーも作れます!!
ご利用ガイド
会社概要
お役立ち情報