スウェットの作り変え

必要なくなったスウェット類をただ捨ててしまうのはやはり勿体無いものですので、ここではそれらの再び使用するための方法や、その考え方などを少し紹介してみたいと思います。

プリント印刷されたデザインを活かす

トレーナーやパーカー、またスウェットパンツなどに印刷されたデザインは気に入っていたにも関わらず、襟首が伸びてしまったり、また袖口の汚れがひどくて落ちなくなってしまい、それらが原因で着られなくなってしまった、なんて経験が誰しも一度くらいはあるのではないでしょうか。そういった場合には、プリント部分のデザインを活かした作り変えがおすすめです。

例えば前面に大きくデザインを入れて特注制作されたトレーナーなどは、袖を切り落とし、襟と肩の穴を塞げば、それだけでも可愛らしいクッションカバーにすることも可能です。

また、デザイン部分だけを切り取って布用のボンドなどで無地のパーカーやスウェットパンツに貼り付けるだけでも、簡単かつ激安に新たなオリジナルウェアを作成することが可能です。

もしそういったトーレナーやパーカーなどのスウェット類が箪笥の肥やしとなっているのでしたら、是非お試し下さい。

スウェット素材の特性を活かす

スウェットパンツやパーカーやトレーナーなどは今やネット通販などでも格安販売されていますし、またオリジナルデザインによる特注製作も安い価格でオーダーすることが可能であり、世界中で老若男女に愛され続けておりますがその理由のひとつとして、その素材の使い勝手の良さ、というものがございます。

スウェット生地というのは吸水性や保温性、伸縮性、耐久性に優れておりますので、着られなくなったパーカーなどは手頃なサイズにカットして使い捨ての雑巾として利用しても良いですし、また、トレーナーの腕部分などは少し手を加えれば使い勝手の良いアームウォーマーやレッグウォーマーなどにも変身させることが可能です。

ここに挙げた例はほんの一部ではありますが、こういった特性を活かすところから考えるのも、再び使えるようにする為の方法のひとつの手ではないでしょうか。

ページトップへ

3大特典

当社の強み

追加注文の注意事項

WEBカタログ一覧

初めてガイド
スウェットの製作、見積り依頼の流れ
デザインデータの
制作について
プリント印刷の
位置について
プリント方法
について
デザインサポート
アパレル関連商品
  • 学園祭・チーム用Tシャツも作れます!!
  • イベント・防寒用ジャンパーも作れます!!
ご利用ガイド
会社概要
お役立ち情報